旋盤加工の依頼はフィリールに!難削材の自信あり!小ロットから量産まで対応|国内外で短納期・高品質な金属加工技術を誇る大阪の【フィリール株式会社】

ブログ

  1. トップ
  2. ブログ:NC旋盤加工
  3. 旋盤加工の依頼はフィリールに!難削材の自信あり!小ロットから量産まで対応

旋盤加工の依頼はフィリールに!難削材の自信あり!小ロットから量産まで対応

industrylathe-machine-work.jpg
金属の切削において、必要不可欠な工作である旋盤加工。依頼を受けた製造業の技術によって、R加工やテーパー加工で微妙な誤差がばらつくイメージが従来まではありましたが、昨今はNC旋盤の普及によって、高精度で難削材を加工することができるほか、量産も可能となりました。弊社フィリールではオートマだけに頼らず、ベテランの技術者によってしっかりと加工チェックを行いますので、不良率が低く、低予算短納期をご依頼主に提供することができるのが強みとなります。

従来の汎用旋盤加工は小ロット&短納期向け!ベテランの技術者が依頼を承ります

operationmanual-lathe-machine.jpg

旋盤加工は、昔ながらの汎用旋盤とNC旋盤の2種類があり、弊社では双方を必要台数分揃えています。汎用旋盤はすべて手動で加工するため、量産や高精度を出すのが難しいのが難点ですが、その一方で小ロットの場合は汎用旋盤の方がNC旋盤よりも早く切削することができるメリットがあります。弊社フィリールでは汎用旋盤を数十年使いこなすベテランの技術者がいますので、納期重視の旋盤加工依頼でも請け負うことが可能です。

最新のNC旋盤で難削材の加工依頼も完璧に!

lathefactory-metalworking-industry-heavy-industry.jpg

しかし、近年は電子機器の小型化、精密化、そしてIT・家電業界の発展によって、年々部品において高い加工精度が求められるようになりました。また、精度だけではなく、小型の部品でも耐久性や耐食性に優れた素材を採用するため、合金の種類も増えてきましたし、難削材の加工依頼も増加傾向にあります。そのため、今後は技術者の腕だけではなく、旋盤含む工作機械の設備投資によって製造業で格差が広がる見込みとなっています。

弊社フィリールは切削のエキスパートとして、最新のNC旋盤を設備しています。NC旋盤はプログラムを打ち込むことによって自動で旋盤加工を行うことができますし、新たなプログラムを打ち込まない限り、同じ数値を何度でも使うことができるため、高精度が要求される部品の量産にも向いています。

「これ旋盤加工依頼できるかな。できれば安く、早くお願いしたいんだけど......」そんなときはご相談ください

cheerful-young-business-woman.jpg

金属加工のご依頼を受けたら、旋盤だけではなく、すべての工程を確認させていただき、省けるところは省いてコストダウン化致します。ときには図面を見直すことも大切ですし、素材の代替えの提案もさせていただくこともあります。基本的にご依頼主の要望に沿った旋盤加工を実現することができるので、「もう少し安く......」、「量産を目指しているけど、一から協力してほしい」といったご要望にも真摯にお応えさせていただきます。

是非、まずはフィリールにお問い合わせください。


ページの先頭へ