ステンレスの旋盤量産を依頼。業者の選び方と注意点|国内外で短納期・高品質な金属加工技術を誇る大阪の【フィリール株式会社】

ブログ

  1. トップ
  2. ブログ:NC旋盤加工
  3. ステンレスの旋盤量産を依頼。業者の選び方と注意点

ステンレスの旋盤量産を依頼。業者の選び方と注意点

cvvb.jpg
部品など量産の需要が高い「ステンレス」ですが、その反面、難削材として金属加工業者泣かせの金属素材でもあります。そのため、ステンレスの旋盤量産を金属加工業者に依頼したい場合、業者選びには注意が必要となります。そこで、今回は金属加工におけるステンレス素材の特徴、及び、切削の量産を依頼したい企業向けに、おすすめの業者の選び方をご紹介します。

ステンレスの旋盤量産は想像以上に難しい

bbbbbb.jpg

ステンレスは熱伝導率が低いため、旋盤加工をする際に工具の先端に熱が集まり、発散がしにくい欠点が挙げられます。この欠点は工具の寿命を短くするため、どこの金属加工業者も悩みどころの1つとなります。工具が摩耗すると寸法公差が大きくなってしまい不良品に繋がりますし、最悪工具を買い替えなければなりません。そのため、金属加工業者の中にはステンレスの旋盤量産は請け負っていない、あるいは請け負いたくないという工場も普通にありますし、それを逆手に「ステンレスの旋盤量産請け負います」と積極的にPRする工場もあれば、ステンレスの旋盤加工の専門業者も出てきているほどです。

ステンレスの旋盤量産を依頼する際の業者の選び方

machining-of-parts-on-a-lathe.jpg
ステンレスの旋盤量産を依頼する場合、金属加工業者の選び方の注意点があります。
ステンレスは難削材の1つでもあるため、誤差が生じやすいことが挙げられます。工場を選ぶ際は、ステンレスの旋盤加工の経験がまず豊富な金属加工業者を見つけるのが先決です。
また、旋盤量産を請け負っていないところは、もしかするとNC旋盤が古い型であったり、旋盤量産が難しい設備の現状にある可能性がありますので、避けるのが無難です。

ステンレス加工品の量産を依頼する上でコスト(見積もり)を抑えるおすすめの方法

stainless-steel-details-equipments-machinery.jpg

依頼主側からすると、「工場側からすると加工が難しいのは分かるけど、でも予算が限られているからコストは抑えたいんだよね」というのも本音のところです。ステンレス製品の加工を工場に依頼するさい、切削の一部だけを依頼するのではなく、別の行程、できれば図面から製品化まですべてを一つの工場で依頼するのが、実は最もコストを抑える方法の1つとなります。難削材の加工は手間と工数がかかるので、これだけだと量産であっても、どうしても見積もりが高くなってしまいがちです。

しかし、別の加工も最初から最後まで請け負うことができれば、工場側は全体を見て見積もりを作ることができるので、仮に概算予算がオーバーしたとしても、別の加工で無駄を省くことによって、依頼主の理想の見積もりを作ることができます。依頼する企業からすると、「加工の都度業者に相見積もりをとって、最安値のところに決めている」という担当者もいることでしょうが、どこの工場も1つの加工単発の加工は、量産でも中々利益がとれないので、どうしても値切られるとアレルギー反応を起こしがちです。

海外に工場を持つ製造業にステンレス加工の量産を依頼するのも安くする秘訣

aerial-view-container-cargo-ship-sea.jpg
ステンレスは国産・輸入と両方ありますが、やはり安いのは輸入品です。さらに、アジアに工場を持っている製造業に依頼すれば、現地水準の安い人件費で加工することができるので、日本で製作するよりも大分安くステンレス加工を量産することができます。これであれば、上記のように図面から完成品まで依頼する必要もなく、切削のみの依頼でもコストを抑えることができます。

ただし、近年多くの企業が「中国工場は避けたい」という要望があります。どんなに安くとも不良率が高かったり、納期を守ってくれない、規格と異なるといったトラブルが絶えないようです。現地に日本人が駐在していて、ステンレス量産加工の都度加工チェックをしてくれるのであればいいのですが、そのような工場もそれほど多くはありません。

大阪に拠点を置くフィリールではステンレスの旋盤量産に対応!

4192983_m.jpg
大阪に拠点を置く金属加工業のフィリールは、古くからステンレスの旋盤量産に自信があります。その道数十年のベテランの技術者が在籍しているので、細かなご要望をお聞きすることができるほか、旋盤を使う切削以外の加工も請け負うことができるので、曲げや溶接など複数の加工をトータルでフィリールにお任せいただくことができます。あちらこちらに見積もりを出す必要がなく、フィリールで完成品を納品させていただくことができるのが強みとなります。

また、弊社フィリールは本社は大阪ですが、全国の個人・企業様からのご依頼を承っております。近郊であれば直接お打ち合わせをすることができますし、遠方地域でも図面やサンプルを送っていただくことで、変わりのない高品質な旋盤加工をすることができます。最新のNC旋盤設備により量産にも対応しておりますので、小ロットから大ロットまでお問合せいただけます。

フィリールはベトナム工場も稼働中!低コストでステンレス加工の量産が可能です

container-terminal-wharf-transport.jpg

また、フィリールではベトナムにも工場を操業しております。より安い中国ではなく、あえて品質をとってベトナムでの加工に力を入れております。ベトナムには日本製の最新の工作機械を用意しておりますし、加工した製品は日本に持ち込まれたのち、日本人技術者がしっかりと寸法チェックを行います。難削材のステンレスであっても、日本品質の量産が可能となります。是非一度ご相談ください。


ページの先頭へ