鉄素材のあらゆる表面処理を請け負います|国内外で短納期・高品質な金属加工技術を誇る大阪の【フィリール株式会社】

ブログ

  1. トップ
  2. ブログ:表面処理Q&A
  3. 鉄素材のあらゆる表面処理を請け負います

鉄素材のあらゆる表面処理を請け負います

2827253_m.jpg
製品化されている鉄や鉄鋼のほとんどは加工の最終工程に表面処理を施します。しかし、表面処理といっても数十の種類がありますので、もし製造業に表面処理を依頼したい場合は、表面処理加工を熟知した業者に依頼するのがいいでしょう。今回は鉄素材の表面処理についてご紹介します。

鉄加工における表面処理とは

round-metal-pipes-asphalt-close-up.jpg

表面処理といっても、亜鉛、クロメート、ユニクロ、ニッケル、クロム、四三酸化鉄皮膜など十を優に超える加工方法があります。特に鉄や銅はあらゆる業界や製品に使われていて、また、メンテナンスを続けながら長期間利用することが想定されるため、それだけ表面処理方法も多様化が進んでいます。

鉄加工の表面処理は、依頼主と工場の綿密な打ち合わせが重要

4746794_m.jpg

鉄の表面処理は製品の使用用途によって大きく異なります、製品によって適切な表面処理を施す必要があるため、依頼主である企業と工場がしっかりと事前に打ち合わせをすることが重要となります。工場によって請け負える表面処理や得意分野も異なりますので、依頼主となる企業は、まずは自社で表面処理に求める特性を理解した上で工場と話し合うのがいいでしょう。

鉄に最適な表面処理を一部ご紹介!

final-coils-aluminum-foil-after-sliting-axis-machine-black-white-photo.jpg

三価クロメート......錆びに強くコストが安いため、主にボルトやネジに使います。
黒染め......外観が黒に統一されてしまうのが難点ですが、錆に強く、反射防止の特徴があります。また、同表面処理による寸法変化による心配がないため、精度を維持したい場合にもしばしば提案される表面処理となります。
クロムメッキ......耐摩耗性,耐食性,耐熱性,密着性が高いため、鉄だけではなくあらゆる金属素材の表面処理として採用されています。
リン酸塩処理......塗装下地によく使います。リン酸塩処理の後に塗装することで、塗装がはがれにくくなります。

フィリールはお客様に理想の鉄・鉄鋼の表面処理を提案いたします

4516873_m.jpg

大阪に本社を置くフィリールは、金属加工の中でも切削の専門業者となります。ただし、協力会社と提携して図面作成から切削、表面処理まですべてを一貫して請け負っております。表面処理に関する実績も多数ありますので、最初のご相談時にご依頼主の要望をおうかがいしながら、最適な表面処理方法をご提案させていただくことが可能です。

フィリールだからこそ低コスストが実現するわけ

11189226_m.jpg

フィリールでは、ご覧のように一気通貫で金属加工を請け負うことによって、全体のコストを抑えることができます。各工程を別の業者に依頼する企業も多いですが、1社に全ての加工を絞ることによって、全体のスケジュールを管理することができる上、製造業者側としても安く見積もりを作ることができます。鉄の表面処理を検討している企業担当者は、是非、一度フィリールにご相談ください。


ページの先頭へ