銅の旋盤加工の依頼殺到!フィリールで質の高い切削を実現|国内外で短納期・高品質な金属加工技術を誇る大阪の【フィリール株式会社】

ブログ

  1. トップ
  2. ブログ:NC旋盤加工
  3. 銅の旋盤加工の依頼殺到!フィリールで質の高い切削を実現

銅の旋盤加工の依頼殺到!フィリールで質の高い切削を実現

close-up-modern-kitchen-interior-with-copper-cookware.jpg
最近増えている加工の問い合わせの中に「銅の旋盤加工」があります。銅といえば、トロフィーやメダルの定番でもありますし、鍋のような調度品のさいにも、ほとんど加工されずにそのまま使われることも普通にあり、身近な加工素材と言えます。もちろん熱伝導率が高いため電子機器のパーツにもよく使われますが、実は少々難ありの加工素材で、「精度を求められる銅の旋盤加工はあまり請け負いたくない」という業者も少なくありません。

製造業の中に「銅の旋盤加工を請け負いたくない」と言う業者が多い理由

cnc-laser-machine-metal-cutting.jpg

切削加工をメインとした製造業は、日ごろからあらゆる金属素材の加工を行っております。難削材と呼ばれる難しい金属素材の加工も常日頃からこなしますし、最新の工作機械を準備しているところであっても、「銅の加工はあまりやりたくない」、「精度を求められる銅のパーツ加工はちょっと見積もりを高く設定している」という工場が実は少なくありません。

その理由は「素材単価が高いから」です。金属加工によく使われる素材はアルミやステンレス、鉄鋼、マグネシウム、チタンなどが挙げられますが、その中では銅は最も仕入れ単価が高い金属素材となります。例えば鉄鋼と銅を比べると、仕入れ単価はおよそ10倍近く変わります。そのため、中小の工場では「失敗できない」という強迫観念から、銅加工の切削を請け負うことに躊躇うところが多くあります。

銅は難削材ではないが、旋盤加工技術者のスキルも必要

close-up-lot-skeins-twisted-copper-wire-are-standing-green-microcircuit-factory-concept-production-powerful-oscillatory-circuit-high-frequency-components.jpg

銅の旋盤加工はそれほど難しくはありません。切削性もいいので、銅加工の経験が豊富の技術者と質の高い工作機械が揃えば、精度の高い部品類の加工も可能です。ただし、銅は溶着しやすいく、またバリも発生しやすく、面取りをしてはいけない製品加工の依頼の場合は、技術者のスキルだけではどうにもなりません。銅にも複数の種類がありますので、銅の種類を変えたり、旋盤の回転数の制御、切削油の変更といった経験による知識も必須となります。そのため、銅の旋盤加工を依頼する場合は、「業者の銅の旋盤加工の実績」を訊ねるのがいいでしょう。

フィリールでは銅の旋盤加工に自信あり。量産にも対応しています

workers-considering-term-agreement.jpg

弊社フィリールは長年銅の旋盤加工の実績を積み重ねており、単純な加工はもちろん、高精度が求められる切削加工にも対応しております。部品パーツの量産も実績がありますので、大手メーカーのご依頼もお引き受けすることが可能です。まずはお問合せください。最短当日~翌日にお見積りをお作りします。


ページの先頭へ