アルミの加工依頼。メーカー必見の業者の選び方|国内外で短納期・高品質な金属加工技術を誇る大阪の【フィリール株式会社】

ブログ

  1. トップ
  2. ブログ:マシニング加工
  3. アルミの加工依頼。メーカー必見の業者の選び方

アルミの加工依頼。メーカー必見の業者の選び方

881680_m.jpg
金属加工の中でも高い需要を誇る「アルミ(アルミニウム)」です、弊社フィリールでもアルミの切削加工の依頼は高い頻度で請け負っております。アルミは一般的には切削が容易な金属とされていますが、それは、あくまでもアルミ加工に日ごろから慣れている技術者がいることが前提です。加工を依頼するメーカー担当者様は、是非ここでご紹介するアルミ加工の依頼方法をご参考ください。

アルミ加工は実は業者によって見積もりが高くなる要因に

12344233834_m.jpg

アルミ加工は融点が低く柔らかいため、切削は比較的簡単とされています。しかし、その一方で柔らかすぎるため、切削する工具やアルミの切りくずで加工素材が傷つく場合がよくあります。また、融点が低いことが原因で、アルミが溶けて工具と溶着し、切削の精度を落とすことも懸念されます。そのため、技術者としてはベテランでも、アルミの加工に慣れていない人も少なくなく、そういった業者に依頼すると、不良率を見越して予め多少割高の見積もりを出してくることがあります。

アルミ加工の量産を依頼したい場合は特に注意が必要

intragrinding-machine-during-operation-there-grinding-inner-sleeve-hole.jpg

アルミ加工は上述のように技術者の得手不得手によって見積もりが若干上下しますが、相見積もりにかけてみると、それほど大きな差はありません。しかし、アルミ加工の中でも部品や製品の量産を依頼したい場合は、業者間に見積もり金額に大きな差が出てくるでしょう。

まず、アルミは切削はしやすい素材ですが、加工しやすいかどうかは図面に依存します。近年アルミを使う部品はパソコンなどの電子機器部品や航空、宇宙産業が多く、いずれも非常に高い精度が要求され、また複雑な設計が必要となることもしばしばあります。高い精度や複雑な図面を基にした切削加工の場合は、どうしても見積もりが割高となります。弊社フィリールでは、図面を改めて見直し、よりシンプルな設計に置き換えることによるコストダウン化のご提案をさせていただくことができます。また、量産であればベトナムの海外工場に依頼することによって、人件費や材料費を大幅に落とすことができます。

フィリールでは高精度なアルミ加工依頼も積極的に請け負っています

rkers-considering-term-agreement.jpg

フィリールでは切削加工のエキスパートとして、高精度なアルミ加工の依頼も受注しています。本社工場及び海外工場には、ともに最新のNC旋盤とフライス、マシニングセンタを設備しておりますので、高精度を維持した量産も可能となっています。また、切削以外の加工工程も一括で受注させていただけますと、よりコストダウン化が図りやすくなるので、見積もり面で優遇させていただくことができます

アルミ加工のご依頼は、是非フィリールにお問合せください。最短当日のお見積りが可能です。

ページの先頭へ